【FX チャート 分析】ポンド円 10/11からの相場予想

【お金の学校】

自分の未来、イメージしてますか?
将来が不安になりませんか?

日本の義務教育ではお金のことを教えてくれません。
だから自分で学ぶしかないのです。

FXは知識と経験で誰でも伸ばすことができます。
ここには学歴や格差はありません。

つまり、頑張った人が頑張った分だけ伸びる世界なんです。
自分を信じて素敵な未来を掴みませんか?

ぼく自身、まだまだ未熟ですが、
自分の考えが少しでも皆さんのお役に立てると嬉しく思います。

基本的にポンド円を解説しています。

仕事で疲れている時などは配信できませんが、ご了承お願いいたします。

ご意見、ご要望ございましたらTwitterのDMやコメントからご連絡お願いします。
Twitterへのアクセスは下のLit.Link内一番下のアイコンからどうぞ。

**********************************************************************
以下、コンテンツも更新しておりますので、お越しいただけると喜びます。
Lit.Link内からご覧ください。

オススメは音声配信のstand.fmです。
隙間時間にどうぞ😌

Lit.Link⤵️

***********************************************************************

◻️MUSIC
epidemic sound (有料)

#ポンド円 #ポンド #FX #副業 #チャート #分析

コメント

  1. kame zou! より:

    TAKASHIさん、こんにちは。いつも分析動画ありがとうございます。毎日、拝見するのがルーティンになっています。(笑)…今回も『その通りだな』と納得しながら全て拝見させて頂きました。今、私はひとつの疑念を感じつつあり、きな臭い思いを抱きつつあります。それはポンド円が思ったほど上がってこない…と感じているからです。その根拠としているのは、イギリス10年債利回りです。今年の春頃、ポンド円が155円をつけた頃は、0.9%に届くかどうか…という水準でした。今は1.16%ですので、その頃をはるかに超えています。なのに春頃の価格には今尚、届いておりません。この1.16%という水準を過去に当てはめてみますと、直近では2017〜2018年の二年間の辺りがそれに当たります。その頃のポンド円はどうか?…とみると、おおむね140〜155円で推移しています。そう考えるともうかなり高い水準にあるのではないか?…と感じつつあります。ましてや、金融相場からテーパリングで、業績相場へと戻ってゆくと考えるなら、コロナ前、つまり今回の金融相場になる前の水準が適正値なのでは無いか?…そう考えておるところです。チャート的には上方向のバイアスを感じてはいますが、上記の理由から、『もしかして、おおむね天井圏かも?』という思いも抱いております。まあどちらでも対応できるようなトレードをすればいいんですけどね。(笑)…また来週も楽しみにしております。

  2. kunkun _orz より:

    おはようございます。
    土曜日早朝にもかかわらず振り返り動画ありがとうございます。
    得意な(好きな)通貨を深く探求するのが良いのか、複数通貨ペアを同時ウォッチするのが良いのか悩むところですし意見が分かれるところでもあります。自分としては”機会損失”という言葉に踊らされずにポンドだけ探求したいのですがどうしても他の通貨を見ちゃいますね。で、思考が散らかった時に限ってだいたいヤラれてます。