【FX】ドル円為替相場の予想と前日の動きをチャートから解説。日経平均、NYダウ、金チャートも。8月30日~

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルはこちらから

ユーロ円、ポンド円、豪ドル円はこちらから

サブチャンネル タカFX【TAKA】
たまにコソコソライブしたりしています。

0:00 ドルインデックス
8:41 通貨強弱チャート
11:43 ドル円
16:15 NYダウCFD
19:11 日経平均CFD
21:06 金CFD
23:05 まとめ

平日は毎日午前、午後にチャートを基本とした相場解説をしています。
金曜深夜24時~は生配信も。
環境認識、大局観を中心にたまーに自分のトレード話も絡めてお話しています。
トレードで一番自分が大事だと思うのは手法ではなく今の環境を理解すること。
手法なんて細かい話はその先にあるものだと思っています。

情報商材等は一切ありません。
2020年より自分の考えをアウトプットするために動画投稿始めました。
その中でひとつでも何かの参考になれば嬉しいです。

ブログもやってます

Twitter

動画で使っている別の時間軸を重ねて表示させるインジはMT4用で【HT_Higher_Candle】です。

トレーディングビューの重ねているインジは
【MTF candles by yatrader2】

左上の通貨表示は
【Mi_Symbol】

通貨の強弱チャートはオアンダ証券のMT4のCurrencyPowerというインジを使っています。
口座があれば最初から入っているとは思いますが、無ければ制約がありますがサイトで直接見ることも出来ます。

MT4用のインジでよければ『通貨強弱 インジ MT4』あたりで検索すればたくさん出てくると思います。

全て無料ツールなので興味ある方は検索で探してみてください。

これだけ勝てない人が多数いる世界で、本当に簡単に稼げる手法があると思いますか?
巷に溢れてる勝率90%!これを読めば勝てる!簡単手法!などという謳い文句に魅かれてしまうのは十分わかります。

でもそんなの無いですよ。ひたすら相場に張り付いて15年経っても毎日失敗や後悔の連続です。
そんな自分が考える利益を出す方法は手法を学ぶのではなく相場観を学ぶ。
チャートを読み解く力が必要だと思います。

環境さえ理解していれば後はお好きな『手法』でトレードしていけばいい。
多少の失敗も環境を理解していれば助けてくれることもあります。

木を見て森を見ずという言葉はよく相場でも使われますが、
インジばかり見てチャートを疎かにしてないですか?
スキャルピングで勝てないと悩み続けていないですか?
個人的にはスキャルピングが一番トレードでは難しいと思っています。
もっとゆったり落ち着いてトレードしてみませんか?

エントリーやエグジットのタイミング、現在の相場環境、そういったものはインジで読み取るものではなく自分の目で見て考えるもの。

このチャンネルではそういった手法ではなく、チャートに焦点を当てて解説していけたらと思っています。

#環境認識#チャート#初心者

コメント

  1. はしみつ より:

    豪ドルの強さは、本物では?再度戻り売りを待ってる内に、もう底なく上昇しそうで。。豪ドルの恐ろしさのトラウマがあって、エントリーできません。

  2. Rook's Pawn より:

    おはようございます!
     
    昨日は相当印象のある動きでしたねw

    ゴールドは完全にフラれた形で、株も相当ショート捕まえた感じなので
    もしかするとNY市場の猛進につられて、日経も雰囲気変わってくるかも…

    前提にしていた動きが全部崩れたと思っていて、
    次の戻り高値付近では安易に触らずに見送るつもりです

  3. 松っちゃん牧場 より:

    いつも動画拝見させてもらってます!
    通貨の強弱を見るチャートはどのように見れますか?

  4. メー助 より:

    いつも勉強をさせて頂いています。

    ドル円は難しいですね。
    週足レベルで見ると直近はレンジですが、高値の切り下げが見えると思います。日足でのRLの110.55を上抜けをして、4時間足ぐらいでのV時で戻る流れが見えればショートしたいと思います。
    レンジなのでSLの109.15からの逆張りロングも有りかもしれしれませんが、「ジャクソンホール」後の動きでドル売りの流れ。週足レベルで高値切り下げの形。そう思うとロングはちょっと警戒感を持ってしまいます。
    ショート目線に優位性は感じますが、直近のドルと円の同期性を考慮すると、最終的には様子見になりそうです。

    週明けのスタートはいつも以上に窓を開けてのスタートになるかもしれないと思っています。東京時間は様子を見て、欧州時間で高安を試す動きで上下の壁の強さを確認して、NY時間が本番になっていく一歩引いた目線でチャートを見て行きます。でも、ドル円に注目するより、他の通貨を見る形になるかと思います。