[FX]及川式テクニカル手法における『主』と「従」の関係を理解しよう! 2021年8月30日※欧州時間トレード

最新情報はFXismLINE@から→
公式メルマガはこちら→
高評価&チャネル登録お願いします♪

コメントやメッセージはブログにて受付けています。
▼及川圭哉トレードブログ

▼公式メルマガ

▼Twitter

▼Facebook

◉及川がついにマンガ化!FX初心者にも分かりやすい『マンガでわかる はじめての海外FX』絶賛発売中!

◉及川執筆!Amazon金融書籍カテゴリーにてベストセラー『ガチ速FX』Amazon・専用webページにて大好評発売中!

☆過去の人気動画は下記よりチェック!☆
●富とはお金なのか資産なのか? 及川が提唱する5つの富

●【高卒54歳】FXプロトレーダーの1日ルーティン inシンガポール

●[FX]なぜ「及川式デイトレが負けない」のか?が分かる解説動画 2018年6月25日※15時台トレード

及川圭哉プロフィール

1965年12月29日生まれ 55歳

会員数2500人を超える常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」を主宰
6度の無一文を経験するも 
独自の手法を構築し多額の資産を築き上げることに成功する
現在は短期デイトレがメイン
毎週月曜日と木曜日にトレード動画を配信中

シンガポール在住

#及川圭哉 #FX #デイトレード

コメント

  1. rts2009za より:

    師匠だったら、そのポイントでショートだと思いました!!!あの動かない、と主観で思う時に、10ピプをこそげ取る、本当に凄いです。そして、お師匠様の考え方も今までの動画を見て、なかなかないと思います。上抜け不発からの戻して、抜けきれないのを、売るんですね。もう、このパターン何度も出ているのに、ボラがないと売るのをためらてしまいます・・・スプレッドとかも気になって・・・

  2. ききパパ より:

    動かない相場でも、しっかりととりますね!
    流石です!!
    解説も勉強になりました。
    ありがとうございました。

  3. 7あずメロ より:

    今日も有料級ですね❤
    ドル円とユロポンのご機嫌は大事ですね(๑•᎑•๑)♬*゜

  4. 名古屋ポンタ秀一 より:

    ユロポンとドル円からの強弱相関関係についてはデイトレ大百科でも最後の方でおっしゃってましたね。この辺は繰り返し体に染み付かせる様に訓練するしか無いですね。出来る様になれば普通の作業なんですから。今回もご指導ありがとうございました。

  5. 成功企業チャンネル より:

    いまアーリーNYですが、イギリス休場のせいなのかわけわかんなくなっています。
    いけるところ行ってる師匠にはやはり感服です。

  6. saori_777 より:

    いつもありがとうございます。ユロポンとドル円を見て混乱し本末転倒になってしまうのは、まさに今日思っていたことなので大変ありがたかったです。昨日、一昨日、丸二日間かけて動画復習していました。改めて師匠の首尾一貫した主張と解説に感銘を受けた次第です。ミスチルも尾崎も聴きました。トレード負けたときは師匠の歌を聴いて回復できそうです!次回も楽しみにしています。
    ところで関係ない話ですが師匠は以前に比べると人相が大変良くなり、福の神っぽい雰囲気が出てきていますね。当方の仕事柄、つい気になってしまう点で、非常に明確な変化でしたのでついお伝えしたくなりました。多くの人に勇気と希望を与え、世の中に貢献していらっしゃることに尊敬あるのみです。

  7. ますやさとし より:

    いつも定期配信お疲れ様です。

    相関性を自分も採用しています。
    で、約1年ぐらいナビゲーション的に最小ロットで持ち続けてみたら1番あてになる相関性はオージーテクニカルでした。

    4つをほぼ同時にINしてみてたらだいたい70〜100pips幅ぐらいが最大ぐらいでバタバタせずに離れてはくっつきしてました。
    ちなみに、オージーを売る、オージーを買うは4つ全てセットです。
    先に1つだけ先行したりはありましたがだんだん揃いだし、日に日に足並みが揃ってからつかず離れずでしたね。

    で、ユーロポンドは上、下に動いた際、4つの意味がありますよね。

    ユーロが強い、ユーロが弱い、ポンドが強い、ポンドが弱い。

    実際は年ごとに変わるかもしれませんがここまではユーロポンドのあてになる強弱はポンドが強い、ポンドが弱いでした。

    ユーロの強弱をユーロポンドで見た際の、ユーロの売買ペアはユーロオージーの抱きが常に相性が良く抜群でした。

    ユーロポンドの強弱で、ユーロドル、ユーロ円はなかなか噛み合わない印象が強かったイメージ。

    もし、ユーロドル、ユーロ円をユーロの強弱で見るなら、ドルインデックスとドル円の相関を活用したらかなり良かったです^ ^

    その都度変わると思うので自己責任で調べてみてくださいね。